従来のED治療薬の「イイトコ取り」をしたのがこのアバナというお薬です。しかし聞いたことのない成分に不安を覚える方も多いはず。当サイトでアバナフィルについて詳しく解説します。

アバナ画像

独りでアバナを飲むよりも統合医療を試しましょう

アバナフィル、通称アバナは現在主要なED治療薬のひとつとして認知されるまでに至りました。
日本国内は医薬品に対して非常に厳格な基準を設けた上で認可を出すため、現在でもまだ正式な認可は受けていませんが、個人輸入によって服用したことがあるという人は多くいます。
最近では個人輸入代行業を利用することで気軽に利用できるようにもなっているのですが、EDを自覚したからといって独りでアバナを飲んで治そうとするのには限界があります。
そもそもこうしたED治療薬というものは一時的な対症療法にしかなりません。
もともとの原因が別にあるのであれば、それを治さなくては意味が無いのです。
さて、ではそうした際に考えたいことは何かということで出てくるのが統合医療という言葉です。
これは近年だとテレビでも取り上げられるようになっているのですが、その意味としては近代西洋医学と、その範疇を超えた他の医学を組み合わせて治療に当たるということです。
例えばEDという症状を一つとってみると、近代西洋医学の見地から行うホルモン療法と、漢方医学による漢方の服用を併用したのであればそれが統合医療だということになります。
この方法の何よりも大きいメリットは、複数の専門医が別々の立場から症状を分析できるということです。
医師というと全ての病気に完全な知識を持っているというように思われてしまいがちですが、実際にはそうではありません。
西洋医学の医師は西洋医学の方面から診断するのが普通ですし、逆に漢方医学の医師が漢方医学の方面から病気を診断するというのも普通のことです。
そしてそれぞれの視点から見ると、片方の視点からでは見えなかったポイントというのも見えてきます。
特にEDという症状は原因が非常に深い所にあるケースもありますから、独りで悩んで長期にわたってED治療薬を飲み続けるよりも、統合医療によって治療を進めることの方が重要になるのです。